ロゴ

医学部受験の合格率を高める!自分に適した医学部予備校を選ぼう

ウーマン

受験したい学校に合わせて対策を練る

受験対策として予備校や家庭教師を考える際、最も重要なことは自分の成績や目標としている学校のレベルに合った対策を考えることだと言われています。予備校には個別塾と集団塾の2種類があり、家庭教師とこの2種類の対策方法を比較すると、様々な違いが挙げられます。予備校同士で比較すると、個別塾は大学生のアルバイトが多い傾向がありますが、自分にあった進行やカリキュラムで勉強できます。それに対して集団塾は基本的にプロの講師が集まっているので授業の質が高い傾向がありますが授業についていけなくなる場合や欠席しても自分の力で取り返す必要があります。予備校と家庭教師を比べると、授業の質は選ぶ講師によって変わってきます。そのためきちんと選ぶ必要があります。

男性

医学部受験したいなら医学部予備校へ

医学部受験をする場合は医学部予備校が要となります。医学部予備校は医学部専門予備校と呼ばれることが多くあり、大手と比べて規模が小さい反面質の高い授業が受けられるという特徴があります。医学部予備校にもいくつかの種類があり、自分の目標にあった選択をする必要があります。国公立大学の医学部を目指す場合は、センター試験が重要なためセンター試験対策に力を入れている医学部予備校を選ぶことが大切です。一方私立大学の医学部を目指す場合は、各大学によって出題の傾向があるため、大学ごとの対策をしっかり行っている予備校を選ぶことが大切です。

男の人と女の人

医学部予備校を探す時のポイント

医学部受験をする場合は医学部予備校が重要となってきます。そのため医学部予備校は慎重に選ぶ必要があります。選び方のポイントは大きく分けて3つあります。1つ目は予備校へのアクセスです。通塾時間は体への負担にも関係するため、遠くても30分から1時間の場所を選ぶのが良いとされています。2つ目は目指す大学に合った予備校を探すことです。各大学によって試験の内容・傾向が違います。また予備校によっても得意分野が違うので、きちんと対策のできる予備校を選ぶことが大切です。3つ目は授業形式です。予備校には個別指導、集団授業、映像授業の3つがあります。授業形式によって授業の質・雰囲気が違うので、自分の成績や目指す大学を考えた上で選ぶ必要があります。

レディ

合格実績が高いところは注目

予備校を探す際は、授業の質や料金の差だけでなく合格実績も大切です。合格実績は予備校のWEBサイトや、実際に行った際に貰えるパンフレットで確認することができます。しかし予備校によって基準が異なることから、合格者実績が合格実績と異なる場合があります。これは講習の受講人数や浪人生のカウントによるものなので、気になった場合は直接質問してみることが大切です。

予備校や家庭教師探しで気になる疑問

勉強

入塾テストはありますか?

予備校によっては入塾テストを行っている場所もあります。また講座ごとで行っている予備校もあるので事前に調べておくことが大切です。家庭教師の場合はテストはないことが多いです。

口コミを利用する際に気をつけることとは?

よい予備校や家庭教師を探す際は口コミが便利です。口コミは決め手となったものの中で、最も多いとされています。しかし家庭教師の場合、家庭教師会社のランキングとなっていることを意識する必要があります。

授業の見学はできますか?

予備校を選ぶ際には実際に授業を受けることも大切です。多くの予備校では体験授業や体験模試を受けることができます。そのため実際に授業を受けたり校舎の雰囲気を感じたりすることで、自分との相性を知ることができます。

多くの合格者を輩出している医学部予備校ならコチラ!

広告募集中