ロゴ
>コメント>自分だけで対策するのはNG!第三者からの指導を受ける

自分だけで対策するのはNG!第三者からの指導を受ける

作文用紙

受験のときによく出題される小論文は、しっかり練習しておかないと書くのが難しいかもしれません。小論文を書くときはきちんとテーマを絞り、適切な指導を受けるのがベストです。

この話題の口コミ

医療系のテーマに絞って対策しました

小論文を書く練習をする時に最初は色々な題材に沿って書けるようになりたいと頑張っていました。どのような題材でも書けるほうが視野の広い文章を書けると思ったからです。しかし練習を始めてから数カ月経った頃、小論文を書く技術が全くついていないような気がして不安になってきました。そこで、得意分野だった医療系のテーマに絞って練習するという方法に切り替えました。医療系だけで良いのだろうかと不安になることもありましたが、得意分野だったので、勉強も楽しくすることができました。そのせいなのか実力がついてきているという実感があり、それが段々と自信につながっていきました。本番では落ちついて小論文を書くことができ、良い結果を出せました。
[20代/女性]

添削してもらったので自分の悪いところがわかりました

小論文の勉強は自分一人だけで行うのには、少し無理があるように思いました。元々小論文が得意な人は良いのかもしれませんが、自分のように苦手意識が強い場合には添削をしてもらう人がいるほうが、しっかりと実力がつくと思います。まず、小論文は書くまでに集中して内容を決めなくてはいけませんが、それが苦手です。気が進まないので、深く考えずに書きだしてしまうと、全体のバランスが悪くテーマが何なのか全く分からない文章になってしまいます。添削をしてもらって、そういった悪い部分を知らせてもらえることで、次に注意すべき点が理解できました。自分だけではここまでバランスのとれた文章を書くことができなかったと思うので添削をしてもらえて良かったです。
[10代/男性]

広告募集中